賃貸物件で家賃や地域や間取りを決めるコツ

不動産

賃貸物件で家賃や地域や間取りを決めるコツ

部屋を探す時には、まず毎月いくらまでなら家賃を支払えるのか考えましょう。
お気に入りの部屋が見つかったとしても、高額な家賃が日々の生活を圧迫してしまわないように、家賃に管理費などを含めた金額が手取りの3分の1程度になることを目安に考えましょう。
初期費用として敷金、礼金、仲介手数料などの費用が掛かりますが、物件によって支払いのない項目があったり、支払いの金額が様々だったりするので、事前に調べて準備をしておきます。
次に住む地域を決めますが、通勤や通学に便利な鉄道路線に注目します。
1つの駅に限定せずに範囲を広げると、選択肢が増えるので物件が見つけやすくなりますし、1つ隣の駅に変えるだけで家賃が下がることもあります。
部屋の広さを決める時には何平米かの数値だけではなく、押し入れや納戸などの収納スペースがどれだけあるかにも注目しましょう。
同じ広さの部屋でも、収納スペースが多ければより広く部屋を使うことができます。
また、部屋の形によっては、部屋の広さを確保しながら家具を配置することが困難な場合があるので、直接物件を見てシミュレーションをしながら検討をすることが大切です。